お疲れ様でした


今日は指導している中学校吹奏楽部の三年生引退コンサートでした。

引退する打楽器の三年生から、わざわざお花とお手紙をもらいました。

懐かしいこと、思い出、たくさんしたためてありました。頑張ったこと、力になったこと、そして、何より私にたくさんのありがとうが詰まっていました。

私はただうまくなるだけじゃなくてね、やっぱり音楽で人間性が育ってほしいと常に思っています。

自信が持てずに下向きがちな一年生時代を考えると、しっかり音を出してきっちり後輩の面倒を見て、ドラムもバッチリ演奏して、本当に成長したなと思います。

それから、もう卒業した子たちも来ていました。

今は違う楽器をやっているそうです。それもいいね!楽しんでできることが何よりです。

楽しいです!と笑顔で話してくれて、そして、卒業生も加えての打楽器メンバーで写真撮るのも良かったなー。

今の新入生は卒業生の顔も名前も知らないわけで。でも、こうやって同じ中学というだけで笑顔になれちゃうんだものね。

引退後は受験に向けて頑張ってくれるでしょう。

子供たちの将来が楽しみです。

たのしくおんがく♪